ペットが皮膚病になってしまったら|飼い主にできること

動物

健やかに育てるために

飼い主とペット

換毛期を知っておく

柴犬は、春と秋に抜け毛の多い時期である換毛期がやってきます。この換毛期は季節によって毛を入れ替えるというものです。春に起こるのは冬には生えていた毛が、暖かい夏を過ごすための毛に生え変わるために抜け落ち、秋には夏の毛から冬の毛へと移り変わっていきます。毛がたくさん抜けてしまったという方でも柴犬の換毛期は周期で起こるので心配する必要はありません。しかし、ブラッシングなどの手入れを怠ってはいけない時期でもあるのです。春から夏にかけてが最も柴犬の毛が抜け落ちるといわれており、抜け落ちた後の毛の処理には多くて困ってしまうという方も多いと思います。この時期には注意して柴犬を見守っておくようにしましょう。抜け落ちた毛は全て落ちるわけではなく、犬の体にとどまってしまう毛もあります。このとどまってしまった毛は、犬の体に生えてある毛に絡み付いて犬の通気性を悪くし、基礎代謝を下がらせてしまいます。これは犬にとっては老化や病気の原因になるのでくれぐれも注意してブラッシングを行いましょう。また、アレルギーなどを引き起こして皮膚病を引き起こしたりすることもあります。ブラッシングは週に二回から三回行うことがおすすめです。毛が体にたまらないことが大切であり、適度に行うことが犬の負担を少なくすることにもつながります。また犬が大人になってからブラッシングを始めると犬がびっくりするので小さいころから少しずつケアを行っていくことが大切です。